1本から2本の欠損した歯に対してインプラントもブリッジも適用できます

1本から2本の欠損した歯に対してインプラントもブリッジも適用できます

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラントの手法は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に人工の歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯のお医者さんを探し出すかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯のお医者さんの技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

現状では、インプラント治療方法治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

歯のインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯のお医者さん院を決めるべきでしょう。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で歯のインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯のお医者さんに出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

北欧諸国は歯のインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯のお医者さんが、研修して技術を身につけています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

多くの方にとって、インプラント技術を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため歯のインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に人工の歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

一口にインプラント技術といっても、大きな3つの関門があります。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントのプロセス後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

普通、歯のインプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を必要とする、高レベルな作業なのです。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

様々なインプラント治療方法技術の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

問題の一つに、歯のインプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラントの手法を受けることができないケースもあることです。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯のインプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

残念ながら、インプラント治療方法治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。

確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

インプラント治療方法はどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つとされています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。

人工の歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉と歯のインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラント治療方法の材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

せっかく完了したインプラント技術も治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯のお医者さん院で診察してもらう必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

手術によって、人工物であるインプラント治療方法を体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

急患でも診療を受けることが必要です。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

噛み合わせや、噛む力が人工の歯では得られないなどでインプラント技術を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。

歯のインプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまで歯のインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療方法の手法は終わりですが、指示された間隔で歯のお医者さんによるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。

年々利用者が増えてきた歯のインプラント。

その施術とは、「歯のインプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント治療には、歯のお医者さん、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯の根元部分が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

コメントを残す