一度埋め込んだ歯のインプラントの使用可能年数

一度埋め込んだ歯のインプラントの使用可能年数

一度埋め込んだ歯のインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合は歯のインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで人工の歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント技術の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には他の治療法よりも歯のインプラント治療がしっくりくると思います。

自費診療なので、インプラントの手法にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯のお医者さん院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯のお医者さんに治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯のお医者さんを選ぶ決め手です。

インプラントの手法の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは違います。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれは歯のインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、人工の歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、人工の歯を作る歯科技工士の熟練の技が物を言うといわれています。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。

障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。

歯のインプラントの手法で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に人工の歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯のお医者さんもおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

なるべくなら、歯のインプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。

ですが、制約もあるので覚えておきましょう。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。

注意してください。

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から人工の歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラント治療方法にもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、歯のインプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常の有無に関わらず、歯のお医者さん院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラントの手法は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

歯のインプラント技術のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント技術に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのが歯のインプラント技術です。

術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、歯のインプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。

この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

様々な条件から、普通のインプラント技術は困難とされ、限られた歯のお医者さんの治療を受けようとすれば海外で治療を受けるという手段もあります。

インプラント治療方法の治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。

インプラント技術が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント技術を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。

インプラント治療方法埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯のお医者さんの意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

歯のインプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント技術も院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯のお医者さん院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

歯のインプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンと呼ばれる人工の歯をはめ込んでいけます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、人工の歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、どの歯のお医者さん院を選ぶかによっても相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す