皆さんが気にしているインプラントの耐久性

皆さんが気にしているインプラントの耐久性

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯のインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯のインプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯のお医者さん院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラントの手法の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。

確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

希望すれば誰でも、歯のインプラントの手法を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「歯のインプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。

自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。

インプラントの手法で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に人工の歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、歯のインプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常がなくても、歯のお医者さんの指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合は歯のインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、人工の歯を装着するというものです。

入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラントの手法には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。

人工歯としての歯のインプラントは安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント技術を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯のお医者さんを見つけられるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

歯のインプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

歯のインプラントの手法開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。

それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。

インプラントの手法の問題点を広く調べたと思いますが、その情報に、歯のインプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

いろいろなデータの中でも重要なのは歯のインプラントの手法を受けた方からの評価です。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

これから歯のインプラントの手法を受ける方にとって重要なのは、歯のお医者さんと、歯科医院の決め方です。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯のお医者さんを選ぶ決め手です。

他の歯科治療と同じように、インプラント治療方法にも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(人工の歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、歯のインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

インプラント技術を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で人工の歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントのプロセスなら失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、他の治療法よりも歯のインプラントの手法がしっくりくると思います。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。

おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、歯のインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。

手術によって歯のインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。

普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯のお医者さんと共通理解しておくと良いでしょう。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント技術では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで人工の歯をつけます。

ブリッジ治療では、人工の歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラント治療方法が優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。

喫煙によって、歯のインプラントの手法が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは人工の歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。

インプラントは、人工歯根と人工の歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。

この治療のメインとなるインプラント治療方法埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯のお医者さんと十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す