欠損した歯が少ない場合の治療としては歯のインプラントとブリッジ

欠損した歯が少ない場合の治療としては歯のインプラントとブリッジ

欠損した歯が少ない場合の治療としては歯のインプラントとブリッジが考えられます。

そもそもインプラント技術とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見れば多くのケースでは歯のインプラントが高い評価を得るでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。

では、歯のインプラントの場合はどうでしょうか。

歯のインプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯のインプラントの手法を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

インプラントの手法の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり歯のインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

現状では、インプラントの手法のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯のお医者さん院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯のお医者さんに診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。

従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント治療です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。

忘れてはいけない歯のインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に人工の歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

歯のインプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

自費診療なので、歯のインプラントの手法にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯のお医者さんの評判によっても治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。

チェック事項はいくつもありますが、まず歯のインプラントの手法経験者の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

年々進化を続ける歯のインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯のお医者さんを選ぶことが大事だといえるでしょう。

歯のインプラントの特長として、安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯のインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工の歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラント治療方法が劣化してしまうかもしれません。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。

インプラントの手法も万能ではなく、基本的には歯のインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント技術を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラント治療方法を手に入れたいなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯の根元部分を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

インプラント治療方法は他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯のお医者さんに連絡することが治療を成功させるために必要です。

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯のインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など歯のインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

例外はありますが、インプラント技術は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

インプラントの手法を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院や歯のお医者さんによって相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。

そうなる理由として、歯肉と歯のインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯のインプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

人工歯根(歯のインプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント技術ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。

インプラント治療方法技術に保険が適用されることはまずありません。

その全額が自費になるのが普通です。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯のお医者さんに話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、それと裏腹のデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。

加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

北欧諸国は歯のインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す