検査から治療後のメンテナンスまで

検査から治療後のメンテナンスまで

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

歯のインプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、歯のインプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

例外はありますが、インプラント治療方法治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

医療費控除を受けようとすれば歯のお医者さんで発行した領収書は必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。

本当に選りすぐりのインプラント治療方法専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。

インプラントの手法は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯のお医者さんが集まっています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。

歯科治療の新たな形として注目されている歯のインプラント。

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

歯のお医者さんによっては、この患者には歯のインプラントの手法を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、歯のインプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備えた歯のお医者さん院で、技術を持った歯のお医者さんにかかればそれまで歯のインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯のお医者さん院を探すことが必要です。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

言うまでもなく、歯のインプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

1ヵ所のインプラントの手法にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

忘れないで欲しいのはその歯のお医者さん院で歯のインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

歯のインプラントの手法の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯のお医者さん院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的に歯のインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラント技術の問題点を聞いたことがあると思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

これから歯のインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって大きく異なります。

インプラントの手法はほとんど自由診療のため、費用設定は歯のお医者さん院に完全に任されています。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

周辺組織の回復をすすめ、歯のインプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。

歯のインプラントの手法を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、人工の歯をつける、というのが大まかなプロセスです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れてから、人工の歯だといわれることはめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもほとんどありません。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、歯のインプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。

健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

歯科医の宣伝で、歯のインプラント技術を掲げるところも増えてきました。

歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント技術には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント技術でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

その点を踏まえ、歯のお医者さん院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。

重要な確認事項として、歯のインプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラントの手法のリスクが増大します。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯のお医者さんの指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれは歯のインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

長く根気のいるインプラントの手法。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。

ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

年々進化を続ける歯のインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

歯のインプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む歯のインプラント治療を検討することになります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す