全額自己負担が普通

全額自己負担が普通

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

インプラント技術を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

顎骨に人工歯根を埋め込んで人工の歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラントの手法に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、歯のインプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。

誰でもインプラントの手法ができるわけではありません。

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。

また、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。

長い治療期間を経てやっとインプラント治療方法が安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。

どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、歯のインプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

歯のインプラントの手法の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。

歯のインプラント技術は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

治療の内容や、歯のインプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。

そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯のお医者さんと歯のお医者さん院をどのように選ぶかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。

ですが、歯のインプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。

ブリッジや入れ歯に比べ、歯のインプラントでは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

歯のインプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、歯のインプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラントの手法は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

歯のインプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、歯のお医者さんから歯のインプラントの手法をすすめられるはずです。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラントの手法の現状です。

高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯のお医者さん院が多く、けっこう融通が利きます。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。

インプラントの手法を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも歯のお医者さんや歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラント技術を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実は、かかる費用は歯科医院ごとに大きく異なります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

忘れてはいけない歯のインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。

どんな方にも歯のインプラント治療が良い訳ではありません。

治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

「歯のインプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯の根元部分が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法である歯のインプラントを用いた治療になります。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す