歯のインプラントの手法はほとんど全部が自費

歯のインプラントの手法はほとんど全部が自費

高額な治療費を気にされる方もいますが、歯のインプラントの手法はほとんど全部が自費です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントの手法と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

歯のインプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

歯のインプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

歯のお医者さんでインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

歯のインプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

歯のインプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

歯のインプラントの手法はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(人工の歯)の脱落、あるいは破損など歯のインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯のお医者さんはよく考えて決めてください。

どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント技術は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、人工の歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯のお医者さんや歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、歯のインプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラントの手法が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で人工の歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、人工の歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント技術を選ぶこともできます。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント技術ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

現状では、歯のインプラントの手法のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める便利な歯のお医者さん院も多くなってきました。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

歯のインプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

ずっと使い続けられるかは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯のお医者さんにかかることが望ましいのです。

それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

近年市民権を得てきた歯のインプラント。

人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは人工の歯の表面にセラミックを用いるものです。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

他の歯科治療と、インプラントの手法が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨に歯のインプラントを定着させるので万一、人工物の歯のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せる歯のインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯のお医者さん師の技術にも左右されると言われています。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工の歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。

インプラント治療方法治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

一本のインプラント技術にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

ここで重視すべきなのは歯のインプラント治療を受けた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

現在では歯のインプラント治療も一般化してきましたが、歯のインプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

そうなる理由として、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯のお医者さんでないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。

歯のインプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動は当分控えてください。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯のお医者さんと確認しておきましょう。

成功すれば満足感が大きい歯のインプラントの手法ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

最近話題になることも多い治療法であるインプラント。

ですが、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントの手法は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント治療方法手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す