骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラント治療方法

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラント治療方法

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラント治療方法の耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年で歯のインプラントが劣化してしまうかもしれません。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、歯のインプラントの寿命にも影響が出ます。

1本から2本の欠損した歯に対して、歯のインプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、人工の歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが良いと言えます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

歯のインプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院することはめったにありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工の歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

歯のインプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・歯のインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活を送ってください。

日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

完全に歯の痕跡が見当たらなくなった部位にも使えるインプラント。

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそも歯のインプラントが不可能だったりするかもしれません。

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

現実には、治療費といっても歯科医院ごとに大きく異なります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

歯のインプラント1ヵ所の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

近年、歯のインプラントの治療件数が増えてきました。

これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

歯のインプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

歯のインプラント技術では、歯の根元部分から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、歯科医から歯のインプラント治療をすすめられるはずです。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、歯のインプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。

人工の歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。

インプラント技術を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯のインプラントの手法の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

人工の歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

これは、歯のインプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。

気になる歯のインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯のお医者さんや歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。

皆さんが気にしている歯のインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。

がんばって終わらせたインプラントの手法も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

ごく普通の歯のお医者さん院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント技術でも、院内感染の可能性は否定できません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

歯のインプラントの手法は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯のお医者さんに話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的に歯のお医者さんに診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯のインプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯のお医者さんによるメンテナンスが必ず求められます。

ですが、歯のインプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント治療方法周囲炎の症状かもしれません。

放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。

他の歯科治療同様、インプラントの手法で大事なのはどのようにして最良の歯のお医者さんを探し出すかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。

歯のインプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯のお医者さん院の決め方です。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯のお医者さんに治療してもらうように努めてください。

また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。

費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

インプラント治療方法治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す