混同されることの多いインプラントと差し歯

混同されることの多いインプラントと差し歯

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、歯のインプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に人工の歯を接続して固定するという技術です。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療方法治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢な歯のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。

歯のインプラント技術を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯のお医者さんを決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのは歯のインプラントです。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。

せっかくインプラント技術を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。

人工の歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

歯のインプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラントの手法も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告を行うときには、歯のお医者さんでお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラント治療方法の人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

歯のインプラント技術は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。

歯のインプラント技術から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。

インプラントの手法を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してから歯のインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので歯のお医者さんとよく話し合うことを心がけましょう。

インプラントは、人工歯根と人工の歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯の根元部分と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、数年で歯のインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工の歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆる歯のインプラント技術では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのが歯のインプラントです。

しかし、留意すべき点もあるのです。

それは何より、インプラント技術を受けることができないケースもあることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

人工の歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント技術は終わりですが、歯のお医者さんによるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

インプラント技術の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

インプラントの手法のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた便利な歯のお医者さん院も多くなってきました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラントの手法に取りかかることはできる状況になっています。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この治療法には、歯のお医者さんは勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。

一口に歯のインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに人工の歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

どこに時間がかかるかというと、歯のインプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

ですから、歯のインプラントの手法全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

この治療のメインとなる歯のインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。

加えて、歯のインプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯のお医者さん院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯のお医者さん院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

忘れないで欲しいのは歯のインプラント治療を受けた方からの評価です。

高い費用も、一括払いには限りません。

多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

皆さんがインプラント技術に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても歯のお医者さん院ごとに幅があるのが普通です。

インプラント治療方法治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、歯のインプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

どこの歯のお医者さん院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもほとんどありません。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

喫煙が、インプラント技術の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

人工の歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは、インプラント治療方法手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。

高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す