最近よく耳にするインプラント治療方法

最近よく耳にするインプラント治療方法

最近よく耳にするインプラント治療方法は、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

現状では、インプラント技術は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

いろいろな事情から歯のインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。

この治療の費用は歯のお医者さん院それぞれで差があると考えるべきです。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯のお医者さん院次第です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

歯科におけるインプラント技術では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント技術の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。

年々進化を続ける歯のインプラントの技術。

近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

忘れてはいけないこととして、インプラントの手法を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。

こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

どんな方にもインプラント治療方法治療が良い訳ではありません。

インプラント治療方法以外の治療はできないという方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。

歯のインプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯の歯根と人工の歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラント治療方法を使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになり歯のインプラントにして良かったと思いました。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラントの手法は高額になることを知っておいてください。

ごくまれに、インプラント治療方法治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。

歯のインプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

インプラント治療方法の手法はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から人工の歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

歯のインプラント技術の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。

インプラントの手法が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラントの手法のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。

インプラント技術はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

残念ながら、インプラント治療方法治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯のお医者さんを利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯の根元部分が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む歯のインプラント治療を選ぶこともできます。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

歯のお医者さん選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。

他の歯科治療と、歯のインプラント技術が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり歯のインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

歯のインプラントのプロセスも、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

歯のインプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

1ヵ所のインプラント治療方法を入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯のお医者さんの評判による差があって治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

誰でも歯のインプラントの手法ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。

歯科治療の歯のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆる歯のインプラントの手法では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、人工の歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯のお医者さんを選ぶために必要な情報です。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯のお医者さんの診断を受けることが治療を成功させるために必要です。

様々な歯のインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラントの手法の開始はあきらめなくて良くなりました。

最近話題になることも多い治療法であるインプラント。

ですが、留意すべき点もあるのです。

まず挙げられるのは、歯のインプラントの手法を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯のインプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す