歯のインプラント治療の終了は人工の歯が問題なく使えるようになったとき

歯のインプラント治療の終了は人工の歯が問題なく使えるようになったとき

歯のインプラント治療の終了は人工の歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。

ですが、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

歯のインプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める歯のお医者さん院が多く、けっこう融通が利きます。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

インプラントの手法はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

歯のインプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、人工の歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯のお医者さん院ごとに費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。

気になるインプラント手術の内容とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので歯のインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント治療方法埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯のお医者さんにかかってください。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

酷い場合には歯のインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

インプラントの手法も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残存している歯と同様に歯のお医者さんや衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、歯のインプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

歯のインプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

金属でできた歯のインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。

成功すれば満足感が大きい歯のインプラントの手法ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

一本の歯のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

チェック事項はいくつもありますが、まず歯のインプラントの手法を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント技術はかなりの費用を要することは確かです。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、歯のインプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、歯のインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

歯のインプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこれは人工の歯だと自分から言わない限り、いかにも人工の歯だと思われることは気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

他の生活習慣と比べても、喫煙が歯のインプラントの手法に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラント治療方法を固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その人工の歯には、多くの種類がありますが、多くは人工の歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

これからインプラント治療方法技術を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。

インプラント治療方法治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯のお医者さん院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。

顎骨に人工歯根を埋め込んで人工の歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。

歯のインプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそも歯のインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(歯のインプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す