最も重要なのはどんな歯科医にかかるか

最も重要なのはどんな歯科医にかかるか

歯のインプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯のお医者さんの腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

歯のインプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、歯のインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、歯のお医者さん院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。

技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。

なるべくなら、歯のインプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

人工の歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

重要な確認事項として、インプラント技術を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。

歯のお医者さんとよく話し合うことを心がけましょう。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、歯のインプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。

普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。

安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。

歯のインプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

インプラントの手法は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯のお医者さんが、研修して技術を身につけています。

インプラントの手法で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

自費診療なので、インプラントの手法にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯のお医者さん院の施設や規模を選びますし、歯のお医者さんの評判も治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

これはインプラント治療方法の手法が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント技術は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、歯のお医者さんからインプラント治療をすすめられるはずです。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースの歯のインプラントの手法でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、歯のインプラント技術を受けるには条件があるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯のインプラントの手法を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。

注意してください。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラントの手法です。

術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

急患でも診療を受けることが必要です。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、人工の歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

歯のインプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、人工の歯だと気づく人はめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。

インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯のインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

希望すれば誰でも、歯のインプラントの手法を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は当分控えてください。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

インプラントの手法はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラントの手法を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

最近よく聞くようになった歯のインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

費用がかかるだけに、歯のインプラントの耐久性が気になります。

実際のところ現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。

問題の一つに、インプラント治療方法を埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント技術の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由で歯のインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラント治療方法を埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

そして、インプラント治療方法の埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

人工歯根と上部構造(人工の歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

歯のインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・歯のインプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。

喫煙によって、インプラントの手法が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す