歯のインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば海外で治療を受けることも考えるべき

歯のインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば海外で治療を受けることも考えるべき

いわゆる困難な症例で、真に歯のインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けることも考えるべきです。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

歯のお医者さんの技量、患者の体調などの条件によって、歯のインプラント技術も失敗のリスクはあります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

インプラント治療方法の特徴として当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

歯のインプラントの手法そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯のお医者さんによるメンテナンスは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラントの手法ができるあごの骨を確保するのは必須です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

簡単に歯のインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯の根元部分が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯の根元部分が健全であれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント治療方法全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも歯のお医者さん院ではよくきかれます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、インプラント治療方法と隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。

自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで人工の歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、人工の歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常がなくても、歯のお医者さんの指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラントの手法があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラント治療方法です。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯のお医者さん院で、技術を持った歯のお医者さんにかかれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、歯のインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。

しかし、難点もあるということに気を付けてください。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

これは重要な事実です。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯のインプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。

近年、歯のインプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、インプラント技術は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

一本のインプラントの手法にかかる費用は歯のインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯のお医者さん院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯のお医者さん院を決めることが肝心です。

忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

歯のインプラント技術開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、人工の歯を装着するというものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この治療法には、歯のお医者さんは勿論のこと、インプラント治療方法のパーツを作る歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

インプラント技術を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。

これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

どこの歯のお医者さんの手術でも、痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

インプラントの手法も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、人工の歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。

歯のインプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、歯のインプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

手術が成功し、義歯が使えるようになって歯のインプラントの手法が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯のお医者さんに診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は人工の歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には歯のインプラントの手法を考えた方が良いですね。

歯のインプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。

皆さんがインプラント治療方法治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す