歯科医の技量、患者の体調などの条件

歯科医の技量、患者の体調などの条件

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント技術も失敗のリスクはあります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や人工の歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

誰でも歯のインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯のお医者さん院によっても費用が異なることはもちろんです。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯の根元部分を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に人工の歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラントの手法が候補となります。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

歯のインプラントの手法は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験豊かな歯のお医者さんに診てもらいましょう。

また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

今のところ、インプラントの歯の根元部分はチタン製が主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラントの手法が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

歯のインプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

現状では、インプラント技術は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技が必須といえるでしょう。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯のお医者さんでないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、歯のインプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯のお医者さん院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。

もちろん、こうした既往症があるだけで歯のインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラントの手法が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので歯のインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

検査から治療後のメンテナンスまで、歯のインプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

歯のインプラントの手法にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

近頃は、一括払いだけという歯のお医者さん院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラント技術を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのは歯のインプラントにして良かった点の一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

最近メジャーになってきた歯のインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

また、歯のインプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラントの手法を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、人工の歯だと気づく人は本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的に歯のインプラントを選びました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになれば歯のインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

歯のインプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この人工の歯には多くの種類がありますが、多くは人工の歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。

また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのが歯のインプラントの強みです。

普通、インプラントの手法の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療方法治療に取りかかることは実現できるようになりました。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す