歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯の根元部分からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元部分から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯のお医者さんの定期検診を受けることが必須条件です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

歯のインプラントの手法は、まず何が大切かというと、歯のお医者さんと歯のお医者さん院をどのように選ぶかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになれば歯のインプラント技術は終わりですが、指示された間隔で歯のお医者さんによるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。

インプラントの手法による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

歯のインプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯のインプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

歯のインプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯のお医者さんの診療を受けましょう。

歯のインプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラント治療方法がなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラント技術では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント治療方法体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、人工の歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

他の歯科治療同様、インプラントの手法で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。

これはインプラント技術が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してから歯のインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療方法技術のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯のお医者さん院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

歯科治療の一環として、インプラント技術も失敗のリスクはあります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的に歯のインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラント治療方法の方が良いといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

自費診療なので、歯のインプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯のお医者さん院を決めることが肝心です。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で歯のインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまで歯のインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。

歯のインプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、歯のインプラントの手法を始めてから人工の歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラントの手法ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

金属でできた歯のインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくという手段もあります。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯のお医者さんがいるのです。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラントの手法が候補となります。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、歯のインプラントの手法の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラント治療方法と自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラント技術を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。

安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す