歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で失敗が起きる

歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で失敗が起きる

歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や人工の歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯のお医者さん選びに全力を尽くしましょう。

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

現在ではインプラント技術も一般化してきましたが、インプラント治療方法を使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。

これはなぜでしょうか。

一つには、人工の歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、歯のインプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。

こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラントの手法です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、歯のインプラント治療を選ぶべきです。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

歯のインプラントの手法の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

どこの歯のお医者さん院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方に適用されます。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントの手法を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

最近メジャーになってきた歯のインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

他の歯科治療同様、インプラント技術で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯のお医者さんであるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。

歯のインプラントの場合、歯のお医者さんによる治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

良く検討した上で、歯のお医者さんを選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯のお医者さんの腕にも影響されるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、歯のインプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント技術は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯を被せるという手順で施術が行われます。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

これからインプラント治療方法治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

金属でできた歯のインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。

歯のインプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント技術は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラント治療方法ならば歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、インプラントの手法は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯のインプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

長い期間と費用をかけたインプラント技術は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

様々な条件によって、歯のインプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「歯のインプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。

重要な確認事項として、歯のインプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるという手段もあります。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

インプラント技術によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに人工の歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラントの手法の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント技術は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯のお医者さんに診てもらうことになります。

この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

皆さんが気にしている歯のインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラントの手法は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。

現状では、インプラント治療方法の手法のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできる状況になっています。

気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて人工の歯を固定するという手術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技を置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

自費診療なので、インプラントの手法にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、歯のインプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯のお医者さん院を決めるべきでしょう。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す