歯科治療の現場は日々進化を続けています

歯科治療の現場は日々進化を続けています

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの手法の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。

歯のインプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、歯のインプラント成功のカギといえます。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から人工の歯を付けるものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

歯のインプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

どんな問題がインプラント技術にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

問題の一つに、インプラント治療方法を埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

今流行りの歯のインプラント。

一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント技術は治療費を確保してから始めなければなりません。

健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。

インプラントの手法を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

せっかく完了したインプラントの手法も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

インプラント治療方法は他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント技術ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

歯のインプラント技術開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。

せっかくインプラント治療方法治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯のインプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

歯のインプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは人工の歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラントの手法はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯のお医者さんにかかりましょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、人工の歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

歯のインプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯のお医者さんに指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。

歯のインプラントの手法は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラント治療方法技術によって人工の歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という段階を踏みます。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

腫れについては、歯のインプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯のお医者さんにすぐに相談しましょう。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。

ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

最も重要な注意点は、歯のインプラントの手法は誰でも受けられるわけではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合は歯のインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、歯のインプラントにして良かった点の一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯の歯根と人工の歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・歯のインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

他の歯科治療と、インプラントの手法が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラント治療方法と骨がなじまず、歯のインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら人工の歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。

歯のインプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療で考えると、人工の歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント技術を優先して良いでしょう。

歯のインプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

多くの方にとって、インプラント技術を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、人工の歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す