治療を始める前に必ず知るべきこと

治療を始める前に必ず知るべきこと

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラントの手法は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、インプラントの手法を考えた方が良いですね。

インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

歯のインプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

歯のインプラント技術は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

歯科治療は全て同じですが、インプラントの手法は治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯のお医者さん院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント治療には、歯のお医者さん、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

一本のインプラント治療方法を入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯のお医者さんの評判も費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラント治療方法を入れた方の評価を参考にしましょう。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

費用や手間の面から考えても、インプラントの手法は治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント技術を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラントの手法の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。

ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

歯のインプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や人工の歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

歯のインプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。

歯のインプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

インプラント治療方法の手法を始める前に治療費が気になるのは当然です。

実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。

現在ではインプラントの手法も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントの手法がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

歯のインプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。

よくいわれる歯のインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、人工の歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント技術はほとんど全部が自費です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。

インプラントの手法が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織の回復をすすめ、歯のインプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。

歯のインプラントの手法のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント技術でも、院内感染の心配はあるものです。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。

歯のインプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。

また、歯のお医者さん院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

歯のインプラントの手法には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。

歯のインプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯のお医者さんや衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す