治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。

費用がかかるだけに、歯のインプラントの耐久性が気になります。

実際のところ現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つとされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、歯のインプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

一般的な規模の歯のお医者さん院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わない歯のインプラント技術であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療方法治療に決めました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

これからインプラント技術を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

いろいろな事情からインプラントの手法を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院ごとに相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対する歯のインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのは実際にインプラントの手法を受けてどうだったか、その評判です。

多くの歯のお医者さん院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラントの手法を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラントの手法は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、歯のインプラント治療を考えた方が良いですね。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから歯のインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。

そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆる歯のインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

審美性を考えた場合、歯のインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、歯のインプラント技術をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けて歯のインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント技術は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないと考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯のお医者さん院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラント治療方法の手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

歯のお医者さんで歯のインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工の歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント技術は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

歯のインプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、歯のインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯のインプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

しかし、歯のインプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント治療方法周囲炎の可能性があります。

自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、医療スタッフもインプラント治療方法に慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

人工の歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。

高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。

歯のインプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す