失った歯を再生する治療は何種類もあります

失った歯を再生する治療は何種類もあります

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで人工の歯が必要になるケースでも、歯の根元部分を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

インプラント治療方法治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

インプラント技術を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。

一口にインプラントの手法といっても、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

ですから、歯のインプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

これからインプラントの手法を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯のお医者さんを選ぶために必要な情報です。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必須になってきます。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

人工歯としての歯のインプラントは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工の歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

人工歯の中でも、インプラントの手法はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラントの手法のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める歯のお医者さん院が増えています。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはできる状況になっています。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラントの手法とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法である歯のインプラント。

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラントの手法を受けるには条件があるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯のインプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。

インプラント治療方法埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。

どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントの手法そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯のお医者さんを見つけることです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯のお医者さんの技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、歯のお医者さん選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

歯科治療の一環として、歯のインプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

治療では歯のインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、歯のインプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。

もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

せっかく完了したインプラントの手法も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯のインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯のインプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラントの手法の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。

歯のインプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、歯のインプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

手術が成功し、人工の歯が使えるようになってインプラントの手法が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、歯のインプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

そうなる理由として、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯のインプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。

そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラントの手法です。

手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す