インプラントが世の中に定着した技術となった今日

インプラントが世の中に定着した技術となった今日

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。

高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、歯のインプラント成功のカギといえます。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療方法治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。

その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

インプラント治療方法手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの手法を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

せっかく埋め込んだ歯のインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、歯のインプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

他の歯科治療と、インプラント治療方法治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由で歯のインプラントと骨がなじまず、骨の中に歯のインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

費用がかかるだけに、歯のインプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。

そうだとすれば、セルフケアと歯のお医者さんのケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯のインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。

今のところ、歯のインプラントの歯の根元部分はチタン製が主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント技術開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯のお医者さんと連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

人工歯根と上部構造(人工の歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯の根元部分と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

歯のインプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯のお医者さんの技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント技術があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント技術はほとんど全部が自費です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜなら歯のインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

歯のインプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは人工の歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。

誰でもインプラントの手法ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯と人工歯根のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。

費用や手間の面から考えても、インプラントの手法は他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントの手法を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。

歯のインプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、歯のインプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

歯のインプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

もしも、歯のインプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。

こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

典型的なインプラント技術は、3つの段階に分けられます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と人工の歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という流れは皆さん変わりません。

どこに時間がかかるかというと、インプラントのプロセス後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

人工の歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(人工の歯)の脱落、あるいは破損など歯のインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

現在ではインプラントの手法も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

歯のインプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯のインプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から人工の歯を付けるものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この治療法には、歯のお医者さんは勿論のこと、歯のインプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、インプラント技術を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯のお医者さんに診せましょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す