インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられる

インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられる

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

徐々に市民権を得てきた歯のインプラントですが、インプラント治療方法の処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。

歯のインプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯のインプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、一刻も早く、歯のインプラントの手法を行った病院に行くべきでしょう。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯のお医者さんを探すということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。

インプラント技術の問題点を広く調べたと思いますが、その情報の中に、歯のインプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。

ところが、歯のインプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

インプラント技術は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラント治療方法の材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯のお医者さんと歯科医院を決めるかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、歯のインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に人工の歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

インプラントの手法をご検討の方は知っておいて下さい。

歯のインプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント技術が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠のような形の人工の歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む歯のインプラント技術を検討することになります。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

インプラントの手法にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯のお医者さんの評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯のお医者さん院を決めた方が絶対に良いです。

歯科医院決定に大事なのはインプラントの手法経験者の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中に歯のインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

歯科治療の一環として、インプラント治療方法治療も失敗のリスクはあります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(人工の歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯のお医者さんにかかりましょう。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので歯のインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

歯のインプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

長く根気のいるインプラント技術。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、歯のインプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯のお医者さんによる定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・歯のインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

これから歯のインプラント技術を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実は、かかる費用は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。

なぜなら、歯のインプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。

代表的な歯のインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、歯科医から歯のインプラントの手法をすすめられるはずです。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

歯科で手術の経験がない方は、歯のインプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。

インプラント技術そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

もしも、歯のインプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、歯のインプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。

手術によって歯のインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を毎日のように行っている方は、歯のお医者さんの意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この人工の歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラント治療方法に用いるセラミックの人工の歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す