あごの骨が治療に耐えられるかどうか

あごの骨が治療に耐えられるかどうか

重要な確認事項として、インプラントの手法を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。

そもそも歯のインプラント技術は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。

歯のインプラント技術で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。

人工の歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント治療方法周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラント技術を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中に歯のインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

インプラントのプロセスも、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

歯のインプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば冠状の人工の歯としてクラウンという人工の歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラントの手法を検討することになります。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント治療方法埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。

皆さんがインプラント技術をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。

また、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。

今流行りの歯のインプラント。

一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つとされています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。

これはインプラント技術の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせる人工歯のことです。

歯のインプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療方法の手法には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

歯のインプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯のお医者さんにかかってください。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院する必要はまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

歯のインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が人工の歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので歯のインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、人工の歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えると多くのケースではインプラント治療方法が高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。

インプラント技術の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント技術に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

歯のインプラントの手法は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その人工の歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、医療スタッフも歯のインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

人工の歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す