新たな歯科医療の形として期待が持たれる歯のインプラント

新たな歯科医療の形として期待が持たれる歯のインプラント

新たな歯科医療の形として期待が持たれる歯のインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯のお医者さんにすぐに相談しましょう。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラントの手法は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

インプラントは人工歯根に人工の歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯のお医者さん院によって幅があるのが普通です。

インプラント技術はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。

歯科治療の歯のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント技術とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラントの手法です。

手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢として歯のインプラント治療があります。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、歯のインプラント技術を選ぶべきです。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

せっかく行った歯のインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

これは担当歯のお医者さんの技量の低さが要因となっています。

技術が高く、歯のインプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯のお医者さんに出会おうとすれば、国外までも探しにいくというのもありえます。

インプラント治療方法に関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

どんな治療でもそうですが、歯のインプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯のお医者さんに出会えるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。

金属でできたインプラント治療方法を骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。

インプラントの手法は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

ほとんどの歯のインプラントの手法は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。

成功すれば満足感が大きいインプラント技術ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。

障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに人工の歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、インプラントの手法全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラントの手法であったとしても院内感染が起きないと言えません。

ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯のお医者さん院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

インプラント治療方法埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。

普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

歯のお医者さんでインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

歯のインプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯のお医者さん師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工の歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は速やかに歯のお医者さんの診断を受けることを忘れないでください。

インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯のインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

希望すれば誰でも、歯のインプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、歯のインプラントの手法は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯のお医者さん院を探すことを勧めます。

歯のインプラント技術が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。

インプラント技術が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。

快適に使える歯のインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは人工の歯だと思われることもほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

人工歯根と上部構造(人工の歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント技術はほとんど全部が自費です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントの手法をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、歯のインプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

普通、インプラント治療方法埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。

そして、歯のインプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。

これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯のお医者さんとよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯のお医者さんに治療してもらうかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、歯のインプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯肉と歯のインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す