インプラントはしっかりと噛むことができます

インプラントはしっかりと噛むことができます

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント技術そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯のインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。

現状では、歯のインプラントの手法のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、歯のインプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

歯のインプラント技術は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

インプラントの手法から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

歯のインプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。

麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

せっかくインプラント治療方法の手法を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。

これでは折角の歯のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラントの手法に及ぼす影響は無視できないものがあります。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

歯のインプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。

インプラント治療方法技術も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、歯のインプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、歯のインプラント技術は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(歯のインプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。

インプラントの手法に保険が適用されることはまずありません。

その全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。

「インプラント治療方法とクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる人工の歯をはめ込んでいけます。

抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む歯のインプラントの手法を選ぶこともできます。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯のお医者さん院ごとに相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯のお医者さん院に完全に任されています。

それでも、どの歯のお医者さん院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も人工の歯に見えない自然さで歯のインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

歯のインプラントの手法にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

忘れないで欲しいのはその歯のお医者さん院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

数々のインプラント技術の問題点について、聞いたことがあると思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。

なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

歯のインプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、歯のインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのがだいたいの流れです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

近年、インプラント治療方法の治療件数が増えてきました。

これは歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

なお、歯のインプラントの手法は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

技術の進歩した今では、医療スタッフも歯のインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

人工歯根とその上の人工の歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。

歯のインプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。

歯のインプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。

高額な歯のインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けて歯のインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わない歯のインプラントの手法であったとしても院内感染が起きないと言えません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯のお医者さん院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す