インプラントは安定した使用感が得られる

インプラントは安定した使用感が得られる

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯のインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

利点も多い歯のインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療方法技術に決めました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

現在ではインプラントの手法も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、歯のインプラント技術を行った病院に行くべきでしょう。

数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、歯のインプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。

歯のインプラントの手法で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

欠損した歯の数が少ない場合、歯のインプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って人工の歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、歯のインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、歯のインプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、歯のインプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント技術の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、歯のインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、歯のインプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

残念ながら、インプラントの手法は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント技術は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、他の治療法よりも歯のインプラントの手法がしっくりくると思います。

一口にインプラント技術といっても、3つの段階に分けられます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

気になるインプラント手術の内容とは、「歯のインプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

費用や手間の面から考えても、歯のインプラント技術は治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で歯のインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

大きな効果を得られるインプラント治療方法治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯のお医者さんもおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

歯のインプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

一本の歯のインプラント技術にかかる費用はインプラント治療方法一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯のお医者さん院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント技術ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。

インプラントの手法は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯のお医者さんがどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。

最近話題になることも多いインプラント治療方法。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

まず挙げられるのは、インプラント技術を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント技術は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯のお医者さん院で歯のインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

歯科治療の一環として、インプラント技術もある程度のリスクを伴う治療です。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯のお医者さんを探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。

インプラントの手法を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント技術ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す