人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメント

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメント

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラント治療方法は、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯の根元部分と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、歯のインプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

歯のインプラント技術は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

どんな方にもインプラントの手法が良い訳ではありません。

インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントの手法を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラント治療方法と入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

しかし、歯のインプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

歯のインプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(人工の歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントの手法がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

では、歯のインプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのが歯のインプラントの利点です。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって相当な開きがあります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療方法技術で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯のお医者さん選びをすることがインプラントの手法の結果を左右するのです。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。

人工の歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント技術は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラント治療方法の場合、かなりの費用を要することは確かです。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。

無くなった歯をインプラント治療方法で補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

歯のインプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラント技術にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口内のセルフケアを怠れば、数年で歯のインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラントの手法のやり直しも必要になります。

インプラントの手法にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域差もあり、歯のお医者さん院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯のお医者さん院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごさなければなりません。

普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。

他の歯科治療と、歯のインプラントの手法が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった人工の歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず歯のインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで歯のインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは歯のお医者さんの判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。

インプラント治療方法治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯のお医者さんに全て話しておきましょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

上部構造(人工の歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯のお医者さん院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す