数々のインプラント治療方法技術の問題点

数々のインプラント治療方法技術の問題点

数々のインプラント治療方法技術の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは本当のことではありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

歯のお医者さんでインプラント技術を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、歯のインプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

歯のインプラントの手法を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。

普通、歯のインプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯のお医者さん院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラントの手法に取りかかることは十分可能になりました。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。

インプラントの手法は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角の歯のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。

他の歯科治療と、インプラント技術が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり歯のインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラント治療方法が埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

せっかく完了したインプラントの手法も治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で歯のインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

歯のインプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の人工の歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

これは歯のインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントの手法の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。

歯科治療の一環として、歯のインプラント技術もある程度のリスクを伴う治療です。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯の根元部分を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。

皆さんが気にしている歯のインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。

それは何より、インプラント技術を受けることができないケースもあるということです。

歯のインプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

歯のインプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯のインプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラントの手法を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯のお医者さんに相談することが大事です。

技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

上部構造(人工の歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラント治療方法は、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント治療方法」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので歯のインプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。

差し歯と歯のインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも人工の歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す