典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、人工の歯をつける、という流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

仮歯を取って、人工の歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。

いろいろな事情からインプラントの手法を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯のお医者さんによってずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療方法治療も失敗をゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

多くのメリットを知られる歯のインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、問題の一つに、歯のインプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのが歯のインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

インプラントの手法に保険が適用されることはまずありません。

全額自費を覚悟しましょう。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯のお医者さんとよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

最近話題になることも多い治療法である歯のインプラント。

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、インプラント技術は誰でも受けられるわけではないということです。

インプラントの手法をご検討の方は知っておいて下さい。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。

この場合は歯のインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

歯科治療の中で、インプラント治療方法とクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯の根元部分が残せれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、人工の歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療方法技術を検討することになります。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。

対して、歯のインプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

インプラント治療方法という治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から人工の歯を付けるものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

普通、インプラント治療方法埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、歯のインプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、歯のインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく歯のインプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯のお医者さんのチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯のインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには人工の歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、歯のインプラントのプロセスなら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。

ほとんどの歯のインプラントの手法は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯のお医者さん院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできる状況になっています。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラントの手法では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、歯のインプラントが優っていると考えられます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

長く根気のいるインプラント技術。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

全ての歯のインプラント技術にとって大事なのが歯のお医者さんと、歯のお医者さん院の決め方です。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯のお医者さんを決めるためには重要なことです。

入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント技術です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

一般的なインプラント治療方法の治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント技術の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

一本の歯のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

もちろん、地域差、歯のお医者さん院の規模による差、歯のお医者さんの評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

忘れないで欲しいのはその歯のお医者さん院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯のお医者さん院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療方法の手法ですが、チタンは骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す