インプラントが虫歯になることは絶対ありません

インプラントが虫歯になることは絶対ありません

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいとは言えません。

歯のインプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。

完全に歯の痕跡が見当たらなくなった部位にも使えるのがインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

現状では、インプラント技術ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。

最新設備を駆使して、腕のある歯のお医者さんが治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたので歯のインプラントが正解だったと思います。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を必要とする、高レベルな作業なのです。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、歯のインプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、人工の歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠状の人工の歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療方法治療を適用する可能性があります。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

これはインプラントの手法が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、他の治療法よりも歯のインプラントの手法がしっくりくると思います。

典型的なインプラントの手法は、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療方法治療を始めてから人工の歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、歯のインプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラントの手法は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。

また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

人工歯としての歯のインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれは歯のインプラント周囲炎の可能性があります。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。

歯のインプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。

全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯のお医者さん院ごとに相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯のお医者さん院の裁量で、治療費を決められるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

歯のインプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

歯科治療は全て同じですが、インプラントの手法は治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。

どんな堅牢な歯のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくといった不具合が起こる可能性もあるのです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯のお医者さんを選ぶことが大事だといえるでしょう。

歯のインプラントの手法の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラント治療方法を埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

しかし、歯のインプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

新たな歯のお医者さん療の形として注目されている歯のインプラント。

その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯のお医者さん師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラント治療方法が劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。

現在では歯のインプラント治療も一般化してきましたが、歯のインプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、歯のインプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、歯のインプラント技術の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった人工の歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラント治療方法がしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラントの手法も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。

人工歯の中でも、インプラント技術はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのは歯のインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

費用や手間の面から考えても、インプラント技術は他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

最近メジャーになってきた歯のインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラントの手法でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す