入れ歯では噛んだ感じがしない方

入れ歯では噛んだ感じがしない方

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント治療方法の手法です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。

技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜなら歯のインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

歯のインプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラント技術の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、人工の歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる人工の歯をはめ込んでいけます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する歯のインプラントの手法を選ぶこともできます。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント治療方法技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

他の歯科治療と、インプラントの手法が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の人工の歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり歯のインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく歯のインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

希望すれば誰でも、インプラント技術を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯のお医者さんの技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけ歯のインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

治療では歯のインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯のお医者さんに指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

急患でも診療を受けることが必要です。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

人工の歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

歯のインプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。

歯のインプラントは、他の治療に比べても、歯のお医者さんによる結果の差が大きい治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

歯のインプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。

注意してください。

忘れてはいけないこととして、インプラント技術を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも歯のインプラント技術のリスクが増大します。

ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラントの手法では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

インプラント技術の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯のお医者さんに治療してもらうかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯のお医者さんに治療してもらうように努めてください。

また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの手法に決めました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

歯のインプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント技術は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。

インプラント技術は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯のお医者さんに相談しておくのが一番良いでしょう。

1ヵ所のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、歯のインプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

歯のお医者さん院決定に大事なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

がんばって終わらせたインプラントの手法も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。

歯のインプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、歯のインプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す