入れ歯で食べることに抵抗がある

入れ歯で食べることに抵抗がある

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

歯のインプラントの手法の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯のお医者さんが研修を受けています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることが夢をかなえるためには大事です。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療方法治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

歯のインプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

歯のインプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

差し歯と歯のインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのが歯のインプラントの特長ということになります。

インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。

この治療の費用は歯のお医者さん院ごとに大きく異なります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

インプラントの手法で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、歯のインプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラントの手法の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

歯のインプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

歯のインプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。

他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどの歯のインプラントは2ピースタイプです。

この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えれば歯のインプラント治療も終わります。

それからも歯のお医者さんの指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、歯のインプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、歯のインプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、歯のインプラントでは噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

もし、歯のインプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラントの手法のリスクが増大します。

ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラント技術を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。

手に入る限りのデータを集めて、歯のお医者さんを決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えれば歯のインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。

最近話題になることも多い歯のインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

最も重要な注意点は、歯のインプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント技術の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域差もあり、歯のお医者さん院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラントの手法経験者の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯のお医者さん院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

最近よく耳にする歯のインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、歯のインプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

現状では、インプラント技術は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「歯のインプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、医療スタッフも歯のインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは担当歯のお医者さんの技量の低さが要因となっています。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、人工の歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す