忘れてはいけないインプラントのメリット

忘れてはいけないインプラントのメリット

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでインプラント治療方法だとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯のお医者さん院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。

また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、歯のインプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯のお医者さんとよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

歯のインプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工の歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯のお医者さんや歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯のインプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯のお医者さんの指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、歯のインプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯肉とインプラント治療方法のパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

どんな方にもインプラント技術が良い訳ではありません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラントの手法になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、歯のインプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

「歯のインプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、人工の歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯の根元部分を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法である歯のインプラントを用いた治療になります。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

典型的な歯のインプラントの手法は、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント技術にかかる費用を合計するとインプラント治療方法一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯のお医者さんの評判によっても治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

ここで重視すべきなのはその歯のお医者さん院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント技術に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療方法治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

歯科治療の一環として、インプラントの手法も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(人工の歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、歯のインプラントの手法の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

人工の歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由で歯のインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命が縮められ、場合によってはインプラントの手法のやり直しも必要になります。

数々の歯のインプラントの手法の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、歯のインプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。

それは本当のことではありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

しかし、歯のインプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

今のところ、歯のインプラントの歯の根元部分はチタン製が主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラントの手法の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

例外はありますが、歯のインプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。

様々な条件から、普通のインプラント技術は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯のお医者さんを選ぶために必要な情報です。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯のお医者さんに相談するのが不安や誤解がないでしょう。

成功すれば満足感が大きい歯のインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。

何かと言うと、インプラント治療方法の手法を受けられる人は限られていることです。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す