インプラントの手術してからしばらくの間うずくように感じられる

インプラントの手術してからしばらくの間うずくように感じられる

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯のお医者さんと歯科医院を探すことです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

治療を断念する方もいるくらい、歯のインプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。

歯のインプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

歯科におけるインプラントの手法では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

一般的な歯のインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラントの手法を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラントの手法であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。

歯のインプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラントの手法の現状です。

高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が増えています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、歯のインプラント治療の開始はできる状況になっています。

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

歯のインプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。

歯のインプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。

歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

歯のインプラントの手法を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。

インプラント技術はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。

今流行りの歯のインプラント。

一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。

虫歯の危険性は、インプラント治療方法にはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

安易に歯のインプラント治療を始めることはおすすめしません。

他の治療が難しい患者さんにお薦めします。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療方法の手法を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

インプラント治療方法技術を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラント治療方法と骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯のお医者さんに診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。

インプラント治療方法が世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯のお医者さんを選ぶことが大事だといえるでしょう。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラントの手法はほとんど全部が自費です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。

インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという人工の歯をはめられます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

気になる歯のインプラント手術の内容とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

様々な歯のインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。

それは違います。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

歯のインプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す