インプラントの手法にある程度の実績がある歯のお医者さん

インプラントの手法にある程度の実績がある歯のお医者さん

インプラントの手法にある程度の実績がある歯のお医者さんで、外来診療を受けてのよくあるケースの歯のインプラント技術でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

その点を踏まえ、歯のお医者さん院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。

インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯のお医者さんの治療テクニックにも掛かっています。

ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工の歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。

麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

この治療のメインとなる歯のインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

そして、歯のインプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

誰でもインプラントの手法ができるわけではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯のお医者さん院ごとに費用が異なることも事実です。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

歯のインプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとにずいぶん違っています。

なぜなら、歯のインプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯のお医者さん院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラントの手法には隠れたメリットがあります。

仮歯が入れば、人工の歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く人工の歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

がんばって終わらせたインプラントの手法も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。

インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯のお医者さん院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、人工の歯をつける、という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジで人工の歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、やはり歯のインプラント適用が一番でしょう。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

歯のインプラント治療には、歯のお医者さん、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が物を言うといわれています。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、歯のインプラント技術の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの人工の歯と異なり歯のインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由で歯のインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

自費診療なので、歯のインプラント技術にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯のお医者さん院を決めた方が絶対に良いです。

忘れないで欲しいのは実際にインプラントの手法を受けてどうだったか、その評判です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

埋入手術後の経過が良く、人工の歯の使用に問題がなければ歯のインプラント技術は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラント治療方法の根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

歯のインプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、歯のインプラント治療を担当する歯のお医者さん師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

そうなる理由として、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント治療方法周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

1本から2本の欠損した歯に対して、歯のインプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで人工の歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の人工の歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えて歯のインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

歯のお医者さんによっては、この患者にはインプラントの手法を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。

ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント治療方法手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療方法治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯のお医者さんもおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、歯のインプラント成功のカギといえます。

インプラント技術を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントの手法と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯のお医者さんに出会おうとすれば、海外で治療を受けるというのもありえます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。

できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す