インプラントの手法のほとんどが全部自費治療

インプラントの手法のほとんどが全部自費治療

インプラントの手法のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「歯のインプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。

気になるインプラント手術の内容とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、歯のインプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術を欠かすことは出来ません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

傷ついたらすぐに歯のお医者さんにかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。

そして、歯のお医者さんに指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

一般的な歯のインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療方法の手法そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。

インプラント技術に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこで歯のインプラントですが、これは歯のインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラント治療方法の特長ということになります。

歯のインプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラント治療方法の根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

どんな治療でもそうですが、歯のインプラントの手法で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯のお医者さんの技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。

インプラント治療方法は、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

歯のお医者さん選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。

安易に歯のインプラントの手法を始めることはおすすめしません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

歯のインプラントと入れ歯がどう違うかというと、歯のインプラントはより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

今のところ、歯のインプラントの歯の根元部分はチタン製が主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

歯のインプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、インプラントの手法は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

長い期間と費用をかけた歯のインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

日々のケアが欠かせません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

歯のインプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

歯のインプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・歯のインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントの手法と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けて歯のインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラント治療方法です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

残念ながら、インプラント技術は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

大きな効果を得られるインプラント技術ですが、当然ながらデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

歯のインプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されている歯のインプラント。

その人工の歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

歯のインプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、インプラント治療方法を支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

新たな歯のお医者さん療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、インプラントの手法を担当する歯のお医者さん師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、人工の歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す