インプラントの手法の大きな問題は費用の問題

インプラントの手法の大きな問題は費用の問題

インプラントの手法の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、歯のお医者さん院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療方法技術はほとんど全部が自費です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けて歯のインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯のお医者さんと話し合うと安心できます。

どんなケースであっても、インプラントの手法を受ける際に重視してほしいのはどこの歯のお医者さん院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯のお医者さん選びの決め手となります。

インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

もし、インプラントの手法前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

今のところ、歯のインプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されている歯のインプラント。

その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に人工の歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療方法治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。

最近はインプラント治療方法を利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯のインプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。

しかし、制約もあるので覚えておきましょう。

何かと言うと、インプラント技術を受けられる人は限られているということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯のインプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラント技術を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯のお医者さんに出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

とにかく入念に、歯のお医者さん選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。

簡単に歯のインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯のお医者さんに診せましょう。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

現状では、インプラントの手法のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

人工の歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント技術の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

歯のインプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

歯のインプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので歯のインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

そして、歯のお医者さんに指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければ歯のインプラントの手法は終了です。

けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。

定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

インプラントの手法を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら人工の歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで歯のインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

希望すれば誰でも、歯のインプラントの手法を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す