インプラントの手法を始める前に費用をチェック

インプラントの手法を始める前に費用をチェック

インプラントの手法を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療はかなりの費用を要することは確かです。

健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、人工の歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。

また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。

そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。

歯のインプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯のお医者さんに出会えるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。

歯のインプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

完全に歯の痕跡が見当たらなくなった部位にも使えるのが歯のインプラントです。

しかし、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院で歯のインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯のお医者さんにかかってください。

重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。

インプラント技術で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラント治療方法の人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

健康保険が適用される歯のインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯のお医者さんに相談しておくのが一番良いでしょう。

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に歯のインプラント治療がすすめられるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラントの手法を選ぶべきです。

がんばって終わらせたインプラント技術も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

これから歯のインプラントの手法を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。

人工歯としてのインプラント治療方法は噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工の歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

歯のインプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯のインプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

上部構造(人工の歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

なるべくなら、歯のインプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。

その情報の中に、歯のインプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント技術であったとしても院内感染が起きないと言えません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。

加えて、歯のインプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

一口に歯のインプラントの手法といっても、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント技術全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

保険適用外のインプラント治療方法治療にもおおよその相場はあります。

インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、「歯のインプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、人工の歯を装着するというものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラントの施術には、歯のお医者さん師に加えて、人工の歯を作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

歯科医によっては、この患者にはインプラントの手法を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯のお医者さん院を探して、問い合わせてみましょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。

一度埋め込んだ歯のインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

歯のインプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、歯のインプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント治療方法周囲の組織に異常が起こることはあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す