インプラントは人工歯根に義歯を装着するもの

インプラントは人工歯根に義歯を装着するもの

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この人工の歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント技術の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由で歯のインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラント治療方法の埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラントの手法を受けることができないケースもあることです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。

この場合はインプラント治療方法を諦め、代替手段を探すことになります。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント技術もある程度のリスクを伴う治療です。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(人工の歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、歯のインプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯のお医者さんを選ぶようにしましょう。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の人工の歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯のお医者さんが担当していることのせいといえるでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、歯のインプラント成功のカギといえます。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのが歯のインプラント技術です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラントの手法も終わります。

それからも歯のお医者さんの指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。

日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日常的に運動を続けている方なら、歯のお医者さんの意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。

歯科治療は全て同じですが、歯のインプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯のお医者さんの定期検診を受けることが欠かせません。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯肉と歯のインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯のインプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化した歯のインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

大きな効果を得られる歯のインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で歯のインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。

インプラントの手法のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、歯のインプラントにもできますと説明され最終的に歯のインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、歯のインプラントが最適でした。

簡単に歯のインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、人工の歯が必要になっても、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラント治療方法にして良かった点の一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

インプラントの手法を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯のお医者さんの腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラント治療は、特に歯のお医者さんごとの差が大きい治療法だということを理解してください。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

歯のお医者さんの指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。

初めて歯のインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯のお医者さんの指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、歯のインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

インプラント技術は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯のお医者さん院を探すことです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯のお医者さんに治療してもらうように努めてください。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

歯のインプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

歯のインプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す