インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は他の歯科治療と比べても高額です。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。

現状では最低線が十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。

どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療方法技術に決めました。

保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、歯のインプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯のお医者さんと十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

例外はありますが、歯のインプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

しかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯のお医者さんを利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療方法治療も失敗をゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。

多くの方にとって、インプラントの手法を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。

また、歯のお医者さん院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないということにはなりません。

人工の歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントの手法では、歯の根元部分から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラントの手法を優先して良いでしょう。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯の根元部分が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラントの手法を選ぶこともできます。

歯科医の宣伝で、歯のインプラント治療を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント技術を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯のお医者さんが最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまで歯のインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。

インプラントの手法で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは人工の歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。

インプラントの場合、歯のお医者さんによる治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適な歯のインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。

見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

インプラント技術では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

インプラント技術はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。

歯のインプラント技術による危険性を広く調べたと思いますが、問題の一つに、歯のインプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

歯のインプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯のお医者さんと歯科医院を決めるかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント技術にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

差し歯とインプラント治療方法はどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。

それに対して、歯のインプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

手術によってインプラント治療方法を埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすのが無難です。

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。

歯科治療の歯のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の人工の歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という段階を踏みます。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。

人工の歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療方法技術は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので歯のインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

せっかく完了した歯のインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢な歯のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯のお医者さんでないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。

歯のインプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

コメントを残す