歯のインプラント埋入手術は局所麻酔がほとんど

新たな歯科医療の形として注目されているデンタルインプラント

新たな歯科医療の形として注目されているデンタルインプラント。その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でデンタルインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命が縮められ、場合によってはデンタルインプラント手法のやり直しも必要になります。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、デンタルインプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずデンタルインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
「デンタルインプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。それに対して、インプラントというのは、デンタルインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがデンタルインプラントの特長ということになります。インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、人工歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。

また、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。
デンタルインプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでデンタルインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選

デンタルインプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

デンタルインプラント手法は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に人工歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、人工歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、デンタルインプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

 

骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント手法開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。

デンタルインプラント治療によって人工歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。デンタルインプラント手法を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。デンタルインプラント手法は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

 

人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯の歯根と人工歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

 

長く根気のいるデンタルインプラント治療。

 

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

デンタルインプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を必要とする、高レベルな作業なのです。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、デンタルインプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。

 

デンタルインプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。

数々のデンタルインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。
確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。

デンタルインプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。デンタルインプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、デンタルインプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

もしも、デンタルインプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

デンタルインプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするということにはなりません。

 

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、デンタルインプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

忘れてはいけないこととして、デンタルインプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
デンタルインプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

 

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

歯科治療とは言え、デンタルインプラント埋入手術の後は、極力安静を保って過ごさなければなりません。

 

日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

 

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

 

デンタルインプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

 

トータルで30万円から40万円と考えてください。

 

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

 

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラントは、人工歯根と人工歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。骨に埋め込む歯の根元部分と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

 

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。治療が失敗すると、人工歯根や上部体(人工歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

デンタルインプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。
歯科治療は全て同じですが、デンタルインプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、デンタルインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるデンタルインプラント。ですが、難点もあるということに気を付けてください。

 

最も重要な注意点は、デンタルインプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらデンタルインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。