インプラントの手法はどのような流れかというと段階が大きく3つ

全てのインプラント患者にとって治療費が気になるのは当然

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。この治療の費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント手法は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
また、デンタルインプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。歯科医にインプラント手法をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しデンタルインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもデンタルインプラント治療がしっくりくると思います。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

デンタルインプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。デンタルインプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

 

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

 

デンタルインプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。

現在ではインプラント手法も一般化してきましたが、デンタルインプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、デンタルインプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。

 

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
デンタルインプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはデンタルインプラント周囲炎の可能性があります。
感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。

様々な条件から、普通のインプラント手法は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。1本から2本の欠損した歯に対して、デンタルインプラントもブリッジも適用できますがそもそもデンタルインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にデンタルインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、デンタルインプラントの方が優位に立ちます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。

どんな方にもインプラント手法が良い訳ではありません。治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

 

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

 

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためデンタルインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。デンタルインプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。デンタルインプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがデンタルインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。
インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、デメリットも知った上で選択してください。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。
障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。どんな完璧なデンタルインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
セルフケアを怠ってはなりません。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。デンタルインプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。忘れてはいけないこととして、インプラント手法を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もデンタルインプラント治療のリスクが増大します。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

歯科治療の中でも、デンタルインプラント手法が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの人工歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でデンタルインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。一般的なデンタルインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、人工歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

近年市民権を得てきたデンタルインプラント。
人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

現状では、デンタルインプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「デンタルインプラントを埋入し、人工歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。高額な治療費を気にされる方もいますが、デンタルインプラント治療はほとんど全部が自費です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはデンタルインプラントにして良かった点の一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

 

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

デンタルインプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。最近話題になることも多いインプラント。

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、デンタルインプラント手法は誰でも受けられるわけではないことです。デンタルインプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

 

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント手法の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。
たばこが、デンタルインプラント手法の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。インプラント手法には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。

快適に使えるデンタルインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選