ほとんどのインプラントの手法は保険適用外

他の歯科治療とインプラント治療が大きく異なるのは

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とデンタルインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

無くなった歯をデンタルインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

デンタルインプラント手法を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでデンタルインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。健康保険が適用されるデンタルインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。典型的なデンタルインプラント手法は、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

このため、デンタルインプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
混同されることの多いデンタルインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。

それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。加えて、デンタルインプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

 

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。

このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてデンタルインプラント手法があります。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、デンタルインプラント手法を選ぶべきです。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは言えません。

 

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

 

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、デンタルインプラント手法に取りかかることはできるケースが増えました。
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。当然、一つ一つの人工歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

 

急患でも診療を受けることが必要です。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。

歯科医の宣伝で、デンタルインプラント治療を掲げるところも増えてきました。歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、デンタルインプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント手法は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
腫れについては、デンタルインプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

誰でもデンタルインプラント手法ができるわけではありません。その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。

欠損した歯の数が少ない場合、デンタルインプラントとブリッジで迷うことがあります。デンタルインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に人工歯をつけます。

 

ブリッジ治療では、人工歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から人工歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

 

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

 

デンタルインプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。デンタルインプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
デンタルインプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

 

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

費用や手間の面から考えても、デンタルインプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでデンタルインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。大きな効果を得られるデンタルインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。最大のデメリットは費用が高額になることです。ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

外科手術を受けたわけですから、デンタルインプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選