インプラントの定着には長い時間がかかります

多くのメリットを知られるインプラント手法。でもそのマイナス面も知らなければ

多くのメリットを知られるインプラント手法。
でも、そのマイナス面も知らなければなりません。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。

 

そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。
がんばって終わらせたデンタルインプラント手法も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。
どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。金属でできたデンタルインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。
しかし、それは正しくありません。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。

しかし、デンタルインプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯の根元部分が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント手法が候補となります。一般的なデンタルインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

 

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。このため、デンタルインプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

どこの歯科医院でも、デンタルインプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でデンタルインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。デンタルインプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も人工歯とは分かりません。

 

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

デンタルインプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、デンタルインプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、デンタルインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

 

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に生活を送ってください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはデンタルインプラントは最適です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。

 

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

 

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

喫煙によって、デンタルインプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。デンタルインプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織の回復をすすめ、デンタルインプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、デンタルインプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。
デンタルインプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
デンタルインプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはデンタルインプラント周囲炎の可能性があります。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。

他の歯科治療と同じように、デンタルインプラントにも失敗のリスクはあります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や人工歯が破損するといった人工歯そのものの問題、デンタルインプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
もし、デンタルインプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればデンタルインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

 

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

 

こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
いろいろな事情からインプラント手法を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は歯科医院ごとに大きく異なります。
なぜなら、デンタルインプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。それでも、相場はあると言えます。欠損歯一本に対するデンタルインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。誰でもデンタルインプラント治療ができるわけではありません。

 

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。欠損した歯の数が少ない場合、デンタルインプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで人工歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の人工歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。
「デンタルインプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、デンタルインプラントは原理が全く異なります。
これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても人工歯を作れるのが、デンタルインプラントの利点なのです。新たな歯科治療の形として注目を集めているデンタルインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、デンタルインプラント治療を受けることができないケースもあることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、デンタルインプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。
これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、デンタルインプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント手法を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。

デンタルインプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なデンタルインプラント生活を決めると言って良いでしょう。デンタルインプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけデンタルインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はデンタルインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。歯科医によっては、この患者にはデンタルインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

 

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。

 

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選