一度埋め込んだ歯のインプラントの使用可能年数

多くの方にとってインプラント治療を始めるとき心配なのは費用がかさむ

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるデンタルインプラント。使用年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でデンタルインプラントが劣化してしまうかもしれません。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。

少数の歯の欠損に対する治療としては、デンタルインプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に人工歯をかぶせます。

 

一方、ブリッジ治療では、人工歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見れば多くのケースではデンタルインプラントが優るというべきでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

 

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、デンタルインプラント手法と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

 

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

デンタルインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

 

それは気にしないでください。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

デンタルインプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント手法を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。

 

歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なデンタルインプラント生活を決めると言って良いでしょう。新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるデンタルインプラント。

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
それは何より、インプラント手法を受けることができないケースもあるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、デンタルインプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント手法に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。
埋入手術後の経過が良く、人工歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
いろいろな事情からデンタルインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。

 

実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。
デンタルインプラント手法は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

 

どうしても避けられない問題ですが、インプラント手法は治療全体を通して、相当な出費になります。ごくまれに、インプラント手法が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。どうにかして、デンタルインプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けることも考えるべきです。
デンタルインプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。

デンタルインプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。
できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。どんなデンタルインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

デンタルインプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、デンタルインプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

もしも、デンタルインプラントの周りで腫れや出血があればデンタルインプラント周囲炎の症状かもしれません。

 

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

混同されることの多いデンタルインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

 

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも人工歯を作れるのが、デンタルインプラントの利点なのです。
無くなった歯をデンタルインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、人工歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、デンタルインプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に人工歯がグラつくというケースも稀に報告されています。これは、デンタルインプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。技術が高く、デンタルインプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。

きちんと歯科医に相談することが大事です。利点も多いデンタルインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

 

この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

 

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でデンタルインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
デンタルインプラントのプロセスも、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。インプラント治療が、たばこによって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。

デンタルインプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。

デンタルインプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、歯の根元部分の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

 

手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。デンタルインプラントの特長として、安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、デンタルインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

 

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてデンタルインプラントの方が良いと考えました。

保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選