一口にインプラント治療といっても3つの段階に

虫歯がかなり悪化してとうとう抜歯を迫られました

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジという選択肢もありましたが、デンタルインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

 

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるデンタルインプラントを用いた治療になります。

 

皆さんが気にしているデンタルインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント手法にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、「デンタルインプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。デンタルインプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
今のところ、デンタルインプラントの歯の根元部分はチタン製が主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。
デンタルインプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、人工歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。

 

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでデンタルインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

 

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。

 

場合によっては、保険診療にもできるようですが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。

 

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

デンタルインプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。
インプラント手法が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでデンタルインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。歯科医の宣伝で、インプラント手法を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

 

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント手法には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

 

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の人工歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント手法そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。一本のインプラント治療にかかる費用はデンタルインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

相場は地域によって異なります。

 

歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

いろいろなデータの中でも重要なのはデンタルインプラント治療を受けた方からの評価です。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

デンタルインプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。

 

保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。様々なデンタルインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは人工歯の表面にセラミックを用いるものです。セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、デンタルインプラントに用いるセラミックの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

 

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも十分あり得ます。
デンタルインプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。

 

残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきかない理由ははっきりしています。
デンタルインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。デンタルインプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

 

ほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。

デンタルインプラント手法も万能ではなく、基本的にはデンタルインプラント以外の治療はできないという方に適用されます。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でデンタルインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。

 

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラント手法は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。
ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけでデンタルインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。そもそもデンタルインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に人工歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。
「デンタルインプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。
さて、そこでデンタルインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

理由は様々ですが、希望すれば必ずデンタルインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

 

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。

一口にデンタルインプラント手法といっても、3つのハードルを越えなければなりません。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。どこに時間がかかるかというと、デンタルインプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
人工歯根と上部構造(人工歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

デンタルインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

 

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選