インプラント治療の大きな問題

長い期間と費用をかけたデンタルインプラント治療は治療完了後そのままで良いという訳には

長い期間と費用をかけたデンタルインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。デンタルインプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

 

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、デンタルインプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
一口にデンタルインプラント手法といっても、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント手法経験者の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

 

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

また、神経を抜いた歯をデンタルインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。デンタルインプラント手法のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、デンタルインプラント手法の開始は実現できるようになりました。

手術が成功し、義歯が使えるようになってデンタルインプラント手法が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるデンタルインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の人工歯作りの治療です。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。現状では、デンタルインプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
大きな効果を得られるインプラント手法ですが、当然ながらデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

他の歯科治療と同じように、デンタルインプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

デンタルインプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、人工歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

残念ながら、インプラント手法は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。デンタルインプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯の根元部分が健全であれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント手法を検討することになります。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

 

インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。様々な条件を考え合わせた上で、デンタルインプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。デンタルインプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

デンタルインプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、デンタルインプラント手法を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・デンタルインプラントがあります。この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

理由は様々ですが、希望すれば必ずデンタルインプラント手法を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

 

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。どうしても避けられない問題ですが、インプラント手法はかなりの費用を要することは確かです。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているデンタルインプラント。
その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

 

セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、デンタルインプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。これはデンタルインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、人工歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。デンタルインプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にデンタルインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

入れ歯に比べ、デンタルインプラントではより自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがデンタルインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(デンタルインプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、デンタルインプラントが優っていると考えられます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。最近よく聞くようになったデンタルインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、デンタルインプラントの場合はどうでしょうか。

 

デンタルインプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

 

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてデンタルインプラント治療があります。

 

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。どうにかして、デンタルインプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。デンタルインプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

 

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。多くの方にとって、デンタルインプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選