インプラントの手法を始める前に費用をチェック

長年放っておいた虫歯があり抜くしかなくなってしまいました

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがデンタルインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント手法に決めました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。治療ではデンタルインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、デンタルインプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

 

インプラント手法にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。デンタルインプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

どんな方にもデンタルインプラント治療が良い訳ではありません。

 

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でデンタルインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。インプラント手法が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。他の人工歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のデンタルインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくデンタルインプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
そして、インプラントのプロセスにはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

 

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。
歯科医院決定に大事なのはインプラント手法経験者の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

デンタルインプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

デンタルインプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってデンタルインプラント治療がすすめられるでしょう。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。まれな症例として、手術後の死亡例もあります。

 

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

デンタルインプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、デンタルインプラント手法を優先して良いでしょう。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。

デンタルインプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。

 

デンタルインプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

 

デンタルインプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

誰でもインプラント手法ができるわけではありません。
その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「デンタルインプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、デンタルインプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。歯科医の宣伝で、デンタルインプラント治療を掲げるところも増えてきました。虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、デンタルインプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

 

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがデンタルインプラント手法ですが、チタンは骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

新たな歯科治療の形として注目を集めているデンタルインプラント。ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。何かと言うと、インプラント手法を受けられる人は限られているという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、デンタルインプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でデンタルインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。実は他の問題が隠れていたということもありますから、デンタルインプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

 

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

 

デンタルインプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはデンタルインプラントにして良かった点の一つです。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
デンタルインプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。デンタルインプラント手法の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。それは違います。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。たばこによって、インプラント手法が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。

 

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、デンタルインプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。

 

周辺組織の回復をすすめ、デンタルインプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。年々利用者が増えてきたインプラント。

 

その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。酷い場合にはデンタルインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、デンタルインプラント成功のカギといえます。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選