インプラントの定着には長い時間がかかります

典型的なインプラント治療は3つの段階に分けられます

典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

デンタルインプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。1本から2本の欠損した歯に対して、デンタルインプラントもブリッジも適用できますがデンタルインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、デンタルインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、ブリッジよりデンタルインプラントの方が良いと言えます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、デンタルインプラントにして良かった点の一つです。

 

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくデンタルインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。デンタルインプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れてから、人工歯だといわれることはまずないと考えてください。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ人工歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。日々のケアが欠かせません。食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。デンタルインプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

 

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、デンタルインプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。デンタルインプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

 

デンタルインプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。

 

歯科におけるデンタルインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。

 

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。

 

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。デンタルインプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いデンタルインプラント。ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、デンタルインプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。

注意してください。

これからデンタルインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。

 

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。デンタルインプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

様々なデンタルインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その一つとして、デンタルインプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

デンタルインプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・デンタルインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯の根元部分と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

 

ほとんどのデンタルインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、デンタルインプラント治療の開始はできる状況になっています。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。

相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。

いろいろなデータの中でも重要なのは実際にデンタルインプラント手法を受けてどうだったか、その評判です。

高い費用も、一括払いには限りません。多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。デンタルインプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。腫れについては、デンタルインプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ただ、「骨の厚みが足りない」や「デンタルインプラントを埋入し、人工歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療可能になっています。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
そして、デンタルインプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。

重要な確認事項として、デンタルインプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

 

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもデンタルインプラント治療のリスクが増大します。
もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。

きちんと歯科医に相談することが大事です。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

 

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでデンタルインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、デンタルインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
また、あごの骨を掘ってデンタルインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
歯科治療の中で、デンタルインプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。
抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、歯の根元部分の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
安易にインプラント手法を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。様々な条件を考え合わせた上で、デンタルインプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

デンタルインプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。

歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。
また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。デンタルインプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。
デンタルインプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。デンタルインプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

 

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選