治療を始める前に必ず知るべきこと

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

 

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはデンタルインプラント治療のやり直しも必要になります。デンタルインプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。
一般的なデンタルインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。
手術が成功し、人工歯が使えるようになってデンタルインプラント手法が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。こうしたトラブルは、担当歯科医がデンタルインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。デンタルインプラント手法はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。

 

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、デンタルインプラント治療を始めてから人工歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。デンタルインプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

 

根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むデンタルインプラント手法を選ぶこともできます。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント手法もある程度のリスクを伴う治療です。

 

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や人工歯が破損するといったデンタルインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

治療の内容や、デンタルインプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
厳しい条件をクリアしない限り、デンタルインプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

 

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント手法には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れてから、人工歯だといわれることは本当に少ないという点です。一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。

 

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、デンタルインプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
歯科医の宣伝で、デンタルインプラント手法を掲げるところも増えてきました。

 

歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

なお、デンタルインプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。差し歯とデンタルインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。ごくまれに、インプラント手法が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。
デンタルインプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがデンタルインプラント治療の結果を左右するのです。検査から治療後のメンテナンスまで、デンタルインプラント手法はほぼ全面的に保険適用外です。なぜ適用されないかというと、デンタルインプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、デンタルインプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。誰でもデンタルインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでデンタルインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだデンタルインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。歯磨きにも正しい仕方があります。

 

歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、デンタルインプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。人工歯根と上部構造(人工歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。デンタルインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・デンタルインプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されデンタルインプラント手法に決めました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはデンタルインプラントにして良かった点の一つです。

 

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればデンタルインプラント周囲炎の症状かもしれません。自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。

 

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のデンタルインプラント手法の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。

 

保険適用外のデンタルインプラント手法にもおおよその相場はあります。トータルで30万円から40万円と考えてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。高い費用も、一括払いには限りません。

 

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、デンタルインプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

tanaka

こちらも参考までに

インプラント梅田(大阪府)で安いおすすめ3選